テーマ:動詞

自動詞と他動詞

自動詞と他動詞 「動く」のか「動かす」のか 松野町夫(翻訳家) 英語の動詞には自動詞と他動詞の2種類がある。自動詞は英語で intransitive verb という。辞書では (自)とか vi とか、i とか略記される。他動詞は transitive verb という。辞書では (他)とかvt とか t とか略記され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

come と go

come と go come は「来る」だけじゃない!? 松野町夫(翻訳家) 英語と日本語を比較すると、名詞はともかく、動詞は、概念(コンセプト)がお互いに大きくかけ離れている。数少ない例外的な動詞として、comeと「来る」、go と「行く」がある。これらは日英お互いに、とてもよく似ている。ほとんど同じ概念と言っていい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使役動詞

使役動詞(causative verb) make, let, have, get 松野町夫 (翻訳家) 人に何かをさせたいときは使役動詞(しえきどうし)を使う。日本語の使役動詞は、動詞の未然形に助動詞の「せる・させる」を添えて作る。行く→行かせる、食べる→食べさせる、働く→働かせるなど。日本語の使役動詞は、内容と関係…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

現在形

現在形 動作動詞と状態動詞 松野町夫 (翻訳家) 英語の動詞を学習する際にまず覚えるのが現在形 (the present form)。現在形は、一番身近で最も慣れ親しんだものなので、その使いかたについては、誰でもそれなりの自信を持っている。過去・現在・未来の3つの時制のなかで一番やさしいと。私もそう思っていた。しかし、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ら抜き言葉

ら抜き言葉 ら抜き言葉は可能動詞の仲間である 松野町夫(翻訳家) ら抜き言葉とは何か?私の手許の辞典類(岩波国語辞典、広辞苑、日本語大辞典、世界大百科事典)には、見出語としてはまだ記載されていない。しかし、ら抜き言葉が一世を風靡(ふうび)したのはまちがいないし、今でも多くの人が関心を抱いているはずなので、ここで「ら抜き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more