テーマ:演歌

北国の春

北国の春 Spring in northern Japan 松野町夫(翻訳家) カラオケは関西のバンドマンが1971年に発案したものらしい。生伴奏のない「空のオーケストラ」の意味。現在、「カラオケ」は国際語として定着している。英語では "karaoke" として、LAAD英英辞典にも次のように掲載されている。 kar…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

海雪

海雪 Jero, who came to Japan to be an "ENKA" singer 松野町夫(翻訳家) 黒人演歌歌手ジェロのデビュー曲「海雪(うみゆき)」を視聴して驚いた。何たる歌唱力!小節(こぶし)も申し分ない、艶がある、それに何よりも演歌の心がある。彼はひょっとしたら演歌の革命児になるかもしれない。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

演歌

演歌 日本の大衆歌謡 松野町夫(翻訳家) 私は歌うのが好き。いつも情感をこめて歌う。リズム感や歌唱力はない。困ったことに、昔から、スナックで演歌や歌謡曲を歌うのが大好きだった。バブル全盛の頃には、阿佐ヶ谷駅近辺の飲み屋街のあちこちにボトルをキープし、囲碁仲間や歌の好きな友人たちと夜ごと遅くまで歌い踊り続け、帰宅は翌日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more